Hatena::Groupshotai

かな

かな

和字、或は日本字においての文字の一種で、平仮名(ひらがな)と片仮名(かたかな)の二種。仮名と称されることからわかるとおり、真名(漢字)との対応から生まれた言葉である。万葉仮名があるが、これは漢文訓読や、日本語の表記の過程に発生したもので、万葉集(まんようしゅう、まにょうしゅう)に多く見られることからそう呼ばれ、後にひらがなやかたかなの起源となる。ひらがなは貴族文化において草書体や和様において万葉仮名などがくずされたことに始まって明治30の小学校令において固定され、かたかなは、経文の解読の過程で部分省略によって生じた。